光熱費から食料品まで 「円高メリット」はまだこんなに

公開日: 更新日:

 円高が止まらない。一時125円台まで進んだドル円相場は、我々がGWを満喫していた3日の海外市場で105円台に突入。きのうは107円台で推移している。安倍首相も外遊先のロンドンで「急激な変動は望ましくない」と投機的な動きを牽制していた。でも、円高による庶民生活へのメリットは徐々に出始めてきている。

 日経新聞を読んでいると、日本は絶望的な状況に思えてくるが、輸入する側にとって円高はかなりのメリットだ。

 実際、輸入小麦の政府売り渡し価格は4月から平均7・1%の引き下げ。これに伴い日本製粉が業務用小麦粉の値下げを発表した。もし原料の高騰を理由に値上げしたパン屋さんがあれば、明らかにウソをついている。

 電気・ガスも軒並み値下げ中だ。

「毎月、燃料価格の変動に応じて料金を調整しており、その都度、電気料金を変更しています」(東京電力・広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る