• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

光熱費から食料品まで 「円高メリット」はまだこんなに

 円高が止まらない。一時125円台まで進んだドル円相場は、我々がGWを満喫していた3日の海外市場で105円台に突入。きのうは107円台で推移している。安倍首相も外遊先のロンドンで「急激な変動は望ましくない」と投機的な動きを牽制していた。でも、円高による庶民生活へのメリットは徐々に出始めてきている。

 日経新聞を読んでいると、日本は絶望的な状況に思えてくるが、輸入する側にとって円高はかなりのメリットだ。

 実際、輸入小麦の政府売り渡し価格は4月から平均7・1%の引き下げ。これに伴い日本製粉が業務用小麦粉の値下げを発表した。もし原料の高騰を理由に値上げしたパン屋さんがあれば、明らかにウソをついている。

 電気・ガスも軒並み値下げ中だ。

「毎月、燃料価格の変動に応じて料金を調整しており、その都度、電気料金を変更しています」(東京電力・広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る