• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

横行する高級羽毛布団の“産地偽装” プロは真贋こう見抜く

 羽毛布団は高価だけど温かい――。こんな信頼感を打ち砕いたのが今回の“産地偽装問題”だ。

 日本羽毛製品協同組合によると、羽毛布団の国内販売件数は年間約320万枚。同協会は、フランス産として売られている羽毛布団の「半分以上は産地偽装」との警告を加盟社に発送した。フランスやポーランドなどの羽毛に中国製の羽毛を混入して製造している可能性があるという。

 羽毛はグース(ガチョウ)やダック(アヒル)の胸の毛を指し、体重の7%しか取れない。体重5キロのガチョウなら、わずか350グラムだ。そのため最高級品は布団1枚で250万円の値がつくことも。そこで気になるのが本物の見分け方だ。

■まずは原産地証明書で確認

「一般の人がヨーロッパ産と中国産を見分けるのはかなり難しい作業です」と言うのは「日本羽毛ふとん診断協会」の小林裕三代表理事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る