• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

横行する高級羽毛布団の“産地偽装” プロは真贋こう見抜く

 羽毛布団は高価だけど温かい――。こんな信頼感を打ち砕いたのが今回の“産地偽装問題”だ。

 日本羽毛製品協同組合によると、羽毛布団の国内販売件数は年間約320万枚。同協会は、フランス産として売られている羽毛布団の「半分以上は産地偽装」との警告を加盟社に発送した。フランスやポーランドなどの羽毛に中国製の羽毛を混入して製造している可能性があるという。

 羽毛はグース(ガチョウ)やダック(アヒル)の胸の毛を指し、体重の7%しか取れない。体重5キロのガチョウなら、わずか350グラムだ。そのため最高級品は布団1枚で250万円の値がつくことも。そこで気になるのが本物の見分け方だ。

■まずは原産地証明書で確認

「一般の人がヨーロッパ産と中国産を見分けるのはかなり難しい作業です」と言うのは「日本羽毛ふとん診断協会」の小林裕三代表理事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る