お金はあるのになぜ? 増える「老人の万引」をどう減らす

公開日: 更新日:

 高齢者による万引が後を絶たず、東京都が有識者研究会を立ち上げた。なにしろ2015年に都内で摘発された万引犯のうち、65歳以上が3割近くを占めたのだ。5年前は2割そこそこだったので、存在感はグンと増してしまったことになる。

 そういわれても多くのサラリーマンは「うちの親に限って……。第一、生活に困っていないし」と思うかもしれないが、捕まる高齢者の8~9割は財布にお金を持っている。貯金が底をつき、やむにやまれずパンを盗む、という姿ではない。

 NPO法人「全国万引犯罪防止機構」事務局次長の稲本義範氏が言う。

「スーパーなどで万引をする高齢者の多くは、財布にお金を持っていながら、総菜や刺し身、お肉などの売り場に直行し、品物をマイバッグに入れるのです。最初から狙ってやっている人が圧倒的で、出来心とは違う。原因は、ゆがん節約心。たかが万引ではないか、という感覚も持っているのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る