お金はあるのになぜ? 増える「老人の万引」をどう減らす

公開日:  更新日:

 高齢者による万引が後を絶たず、東京都が有識者研究会を立ち上げた。なにしろ2015年に都内で摘発された万引犯のうち、65歳以上が3割近くを占めたのだ。5年前は2割そこそこだったので、存在感はグンと増してしまったことになる。

 そういわれても多くのサラリーマンは「うちの親に限って……。第一、生活に困っていないし」と思うかもしれないが、捕まる高齢者の8~9割は財布にお金を持っている。貯金が底をつき、やむにやまれずパンを盗む、という姿ではない。

 NPO法人「全国万引犯罪防止機構」事務局次長の稲本義範氏が言う。

「スーパーなどで万引をする高齢者の多くは、財布にお金を持っていながら、総菜や刺し身、お肉などの売り場に直行し、品物をマイバッグに入れるのです。最初から狙ってやっている人が圧倒的で、出来心とは違う。原因は、ゆがんだ節約心。たかが万引ではないか、という感覚も持っているのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る