• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お金はあるのになぜ? 増える「老人の万引」をどう減らす

 高齢者による万引が後を絶たず、東京都が有識者研究会を立ち上げた。なにしろ2015年に都内で摘発された万引犯のうち、65歳以上が3割近くを占めたのだ。5年前は2割そこそこだったので、存在感はグンと増してしまったことになる。

 そういわれても多くのサラリーマンは「うちの親に限って……。第一、生活に困っていないし」と思うかもしれないが、捕まる高齢者の8~9割は財布にお金を持っている。貯金が底をつき、やむにやまれずパンを盗む、という姿ではない。

 NPO法人「全国万引犯罪防止機構」事務局次長の稲本義範氏が言う。

「スーパーなどで万引をする高齢者の多くは、財布にお金を持っていながら、総菜や刺し身、お肉などの売り場に直行し、品物をマイバッグに入れるのです。最初から狙ってやっている人が圧倒的で、出来心とは違う。原因は、ゆがんだ節約心。たかが万引ではないか、という感覚も持っているのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る