若者にはむしろ新鮮 昭和の「オヤジギャグ」に復権の兆し

公開日: 更新日:

 最終話視聴率は19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)――4~6月期ドラマでダントツの人気だった「99.9―刑事専門弁護士―」(TBS系)は、松本潤演じる主役の弁護士が、毎回オヤジギャグを繰り出すのも話題になっていた。オヤジギャグといえば、「さむ~い」という反応がついてまわるのが通り相場。ところが最近は、「若い連中に意外とウケる」という説もある。

 たとえば、25歳の会社員女性のMさんの話。

「50代の上司がよく、『ガビーン』とか『がってん承知の助』とか、昭和のオヤジギャグを飲み会で繰り出すんです。私たちには初耳で、意味が分からないことも多いんですけど、カワイイな~と思って親しみがわくので、若手社員たちからは好かれていますよ」

 ギャグは寒いもの、として長年封印するオヤジが多かった反動なのか、逆に今は新鮮で親しみのあるキャラをつくるのに効果ありという気配なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る