• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若者にはむしろ新鮮 昭和の「オヤジギャグ」に復権の兆し

 最終話視聴率は19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)――4~6月期ドラマでダントツの人気だった「99.9―刑事専門弁護士―」(TBS系)は、松本潤演じる主役の弁護士が、毎回オヤジギャグを繰り出すのも話題になっていた。オヤジギャグといえば、「さむ~い」という反応がついてまわるのが通り相場。ところが最近は、「若い連中に意外とウケる」という説もある。

 たとえば、25歳の会社員女性のMさんの話。

「50代の上司がよく、『ガビーン』とか『がってん承知の助』とか、昭和のオヤジギャグを飲み会で繰り出すんです。私たちには初耳で、意味が分からないことも多いんですけど、カワイイな~と思って親しみがわくので、若手社員たちからは好かれていますよ」

 ギャグは寒いもの、として長年封印するオヤジが多かった反動なのか、逆に今は新鮮で親しみのあるキャラをつくるのに効果ありという気配なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る