若者にはむしろ新鮮 昭和の「オヤジギャグ」に復権の兆し

公開日: 更新日:

 最終話視聴率は19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)――4~6月期ドラマでダントツの人気だった「99.9―刑事専門弁護士―」(TBS系)は、松本潤演じる主役の弁護士が、毎回オヤジギャグを繰り出すのも話題になっていた。オヤジギャグといえば、「さむ~い」という反応がついてまわるのが通り相場。ところが最近は、「若い連中に意外とウケる」という説もある。

 たとえば、25歳の会社員女性のMさんの話。

「50代の上司がよく、『ガビーン』とか『がってん承知の助』とか、昭和のオヤジギャグを飲み会で繰り出すんです。私たちには初耳で、意味が分からないことも多いんですけど、カワイイな~と思って親しみがわくので、若手社員たちからは好かれていますよ」

 ギャグは寒いもの、として長年封印するオヤジが多かった反動なのか、逆に今は新鮮で親しみのあるキャラをつくるのに効果ありという気配なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る