• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本女性は気にしすぎ? 米仏中で“脱毛”事情はどう違う

 海にプールと水着の季節がやってきて、テレビや電車内でも脱毛サロンの広告が目立つようになってきた。日本の女子たちの脱毛事情は、「脇の下は脱毛サロンで永久脱毛しています。女友達もみんなやってますよ」(33歳・会社員)、「夏に海に行くとなったら、脱毛サロンでのビキニライン処理は絶対必要だと思います」(28歳・会社員)ということで、人の目にさらされる毛は髪の毛以外処理する! というのが鉄則。では、外国人はどうなのだろうか。「外国は脇毛ボーボーが当たり前」というのはよく聞く話だが、本当なのか?

 まずは米カリフォルニア州在住の日本人女性に聞いてみると、「人種や地域によって違いますが、脇や足は日本と同じように処理する人が多いです。でも、日本人のようにいつでもツルツルという感じではなく、多少ルーズですね。こちらには髪の毛からネイル、ボディーの脱毛までやる美容サロンというのが多くあり、そこでワックス脱毛する人も。日本のように何度も通って永久脱毛する人は少ないですね」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る