日本女性は気にしすぎ? 米仏中で“脱毛”事情はどう違う

公開日: 更新日:

 海にプールと水着の季節がやってきて、テレビや電車内でも脱毛サロンの広告が目立つようになってきた。日本の女子たちの脱毛事情は、「脇の下は脱毛サロンで永久脱毛しています。女友達もみんなやってますよ」(33歳・会社員)、「夏に海に行くとなったら、脱毛サロンでのビキニライン処理は絶対必要だと思います」(28歳・会社員)ということで、人の目にさらされる毛は髪の毛以外処理する! というのが鉄則。では、外国人はどうなのだろうか。「外国は脇毛ボーボーが当たり前」というのはよく聞く話だが、本当なのか?

 まずは米カリフォルニア州在住の日本人女性に聞いてみると、「人種や地域によって違いますが、脇や足は日本と同じように処理する人が多いです。でも、日本人のようにいつでもツルツルという感じではなく、多少ルーズですね。こちらには髪の毛からネイル、ボディーの脱毛までやる美容サロンというのが多くあり、そこでワックス脱毛する人も。日本のように何度も通って永久脱毛する人は少ないですね」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

もっと見る