最近目立つNG行動 サラリーマンの「立ち飲み」に7つの掟

公開日: 更新日:

 立ち飲みが人気だ。安くてうまくて、サッと切り上げられるなどがその理由だろう。4~5人の仲間で入る若者も増えているが、本来は大人たちが静かに杯を傾ける“個の空間”。まったく属性が違う者同士が、仕事帰りのひと時、混然一体になる場所と言ったらカッコつけすぎか。当然、1人か、2人が望ましい。

 そして、そこには客同士、あるいは店と客との暗黙のルールが存在する。ルールを破るのはご法度、酒飲みとして見苦しいのだが、意外に“立ち飲みの掟”に慣れていない人は多い。どんな行動がNGなのか。現役リーマンで、「サラリーマン居酒屋放浪記」(朝日新書)の著者・藤枝暁生氏が言う。

「最低限、守るべきマナーは7つほどあります。まず、ツマミを5品も6品も並べないこと。狭い店では1人の客が“使っていい”スペースは決まっています。コレをはみ出すのはご法度。周囲の迷惑です。大声や大きなアクションもトラブルのもとですが、慣れてない人は結構います。次に長居しないこと。話に夢中になり、“食べない、飲まない、帰らない”客になったら最悪です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る