最近目立つNG行動 サラリーマンの「立ち飲み」に7つの掟

公開日: 更新日:

 立ち飲みが人気だ。安くてうまくて、サッと切り上げられるなどがその理由だろう。4~5人の仲間で入る若者も増えているが、本来は大人たちが静かに杯を傾ける“個の空間”。まったく属性が違う者同士が、仕事帰りのひと時、混然一体になる場所と言ったらカッコつけすぎか。当然、1人か、2人が望ましい。

 そして、そこには客同士、あるいは店と客との暗黙のルールが存在する。ルールを破るのはご法度、酒飲みとして見苦しいのだが、意外に“立ち飲みの掟”に慣れていない人は多い。どんな行動がNGなのか。現役リーマンで、「サラリーマン居酒屋放浪記」(朝日新書)の著者・藤枝暁生氏が言う。

「最低限、守るべきマナーは7つほどあります。まず、ツマミを5品も6品も並べないこと。狭い店では1人の客が“使っていい”スペースは決まっています。コレをはみ出すのはご法度。周囲の迷惑です。大声や大きなアクションもトラブルのもとですが、慣れてない人は結構います。次に長居しないこと。話に夢中になり、“食べない、飲まない、帰らない”客になったら最悪です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る