最近目立つNG行動 サラリーマンの「立ち飲み」に7つの掟

公開日: 更新日:

 立ち飲みが人気だ。安くてうまくて、サッと切り上げられるなどがその理由だろう。4~5人の仲間で入る若者も増えているが、本来は大人たちが静かに杯を傾ける“個の空間”。まったく属性が違う者同士が、仕事帰りのひと時、混然一体になる場所と言ったらカッコつけすぎか。当然、1人か、2人が望ましい。

 そして、そこには客同士、あるいは店と客との暗黙のルールが存在する。ルールを破るのはご法度、酒飲みとして見苦しいのだが、意外に“立ち飲みの掟”に慣れていない人は多い。どんな行動がNGなのか。現役リーマンで、「サラリーマン居酒屋放浪記」(朝日新書)の著者・藤枝暁生氏が言う。

「最低限、守るべきマナーは7つほどあります。まず、ツマミを5品も6品も並べないこと。狭い店では1人の客が“使っていい”スペースは決まっています。コレをはみ出すのはご法度。周囲の迷惑です。大声や大きなアクションもトラブルのもとですが、慣れてない人は結構います。次に長居しないこと。話に夢中になり、“食べない、飲まない、帰らない”客になったら最悪です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る