• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最近目立つNG行動 サラリーマンの「立ち飲み」に7つの掟

 立ち飲みが人気だ。安くてうまくて、サッと切り上げられるなどがその理由だろう。4~5人の仲間で入る若者も増えているが、本来は大人たちが静かに杯を傾ける“個の空間”。まったく属性が違う者同士が、仕事帰りのひと時、混然一体になる場所と言ったらカッコつけすぎか。当然、1人か、2人が望ましい。

 そして、そこには客同士、あるいは店と客との暗黙のルールが存在する。ルールを破るのはご法度、酒飲みとして見苦しいのだが、意外に“立ち飲みの掟”に慣れていない人は多い。どんな行動がNGなのか。現役リーマンで、「サラリーマン居酒屋放浪記」(朝日新書)の著者・藤枝暁生氏が言う。

「最低限、守るべきマナーは7つほどあります。まず、ツマミを5品も6品も並べないこと。狭い店では1人の客が“使っていい”スペースは決まっています。コレをはみ出すのはご法度。周囲の迷惑です。大声や大きなアクションもトラブルのもとですが、慣れてない人は結構います。次に長居しないこと。話に夢中になり、“食べない、飲まない、帰らない”客になったら最悪です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る