五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学露文科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で第6回小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。2002年には第50回菊池寛賞を受賞。NHKラジオ深夜便「歌の旅人」、BSフジ「五木寛之『風のcafe』」放送中。日刊ゲンダイ本紙連載「流されゆく日々」はギネス記録を更新中で、16年9月5日に連載10000回を迎えた。著書に「風の王国」「大河の一滴」「他力」ほか、「親鸞」三部作など多数。

【特別再録】 夜明けの高橋和巳 <人物、76年>

公開日:  更新日:

1976年5月13日付

 歯が痛むので折角の五月も灰色である。歯痛ぐらいで世界観が変わるのだから、人間なんていい加減なものだ。鈍痛がくり返しおそってきて、そのたんびに終末観にとらわれる。
 電話で、高橋和巳を偲ぶ会に出て来て何か講演をせよとの依頼がある。都合がつかぬため辞退。以前、『高橋和…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る