日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレビがウイルス感染…家電にスマート化加速の落とし穴

「ブロックを解除するためには、1万円を支払ってください」

 パソコンやインターネット機能がついたスマートテレビの画面が突然停止し、こんなメッセージが表示される被害が見つかった。米国のサイバーポリスなどを名乗り、プリペイドカード「iTunesカード」を購入するよう要求。72時間以内にカネを支払わなければ解除されないと表示される。情報セキュリティーソフト大手「トレンドマイクロ」によると、同社の対策ソフトが約320件の新種ウイルスを検出したという。広報担当者がこう言う。

「これまでの被害はスマホだけでしたが、アンドロイドOSが搭載されたスマートテレビがウイルスに感染していることを確認しました。スマホを感染させるために作ったのか、あるいはそれが影響したのかはわかりません。パソコンやスマホと違って、スマートテレビにはウイルス対策ソフトをインストールできる機器とそうでないものがあります。パソコンなどに比べて、セキュリティー対策の意識が低かったのが原因といえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事