テレビがウイルス感染…家電にスマート化加速の落とし穴

公開日: 更新日:

「ブロックを解除するためには、1万円を支払ってください」

 パソコンやインターネット機能がついたスマートテレビの画面が突然停止し、こんなメッセージが表示される被害が見つかった。米国のサイバーポリスなどを名乗り、プリペイドカード「iTunesカード」を購入するよう要求。72時間以内にカネを支払わなければ解除されないと表示される。情報セキュリティーソフト大手「トレンドマイクロ」によると、同社の対策ソフトが約320件の新種ウイルスを検出したという。広報担当者がこう言う。

「これまでの被害はスマホだけでしたが、アンドロイドOSが搭載されたスマートテレビがウイルスに感染していることを確認しました。スマホを感染させるために作ったのか、あるいはそれが影響したのかはわかりません。パソコンやスマホと違って、スマートテレビにはウイルス対策ソフトをインストールできる機器とそうでないものがあります。パソコンなどに比べて、セキュリティー対策の意識が低かったのが原因といえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る