成功するのか? 絶滅オオカミ“野放し”で鳥獣被害防止構想

公開日: 更新日:

 全国の農家が悩まされているシカやイノシシによる鳥獣被害。収穫直前の農産物を根こそぎ食べられてしまう。そこで“天敵”であるオオカミを山林に放ち、シカやイノシシを駆除するという仰天構想が進んでいる。実際、海外では成功例があるというからビックリだ。

「赤ずきん」「三匹の子豚」などで悪役の烙印を押され、すでに日本では絶滅しているオオカミ(イヌ科)。果たして救世主になれるのか。

 23日、福岡県添田町で住民グループなどが「オオカミフォーラム」を開催。200人が集まる大盛況だった。

「添田町は米、野菜、ユズの産地ですが、シカ、イノシシの被害に頭を抱えています。年間の被害額は4000万円、昨年度のシカの捕獲数は313頭と、5年前の3倍です。防護設備の鉄柵だけで年間1200万円かかっています」(添田町役場担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る