鳥取県が注意喚起 被災地“ブルーシート詐欺”をどう防ぐ?

公開日:

 震度6弱を観測した鳥取地震から、28日で1週間。住宅被害は約2600棟に上り、今も430人が避難を続けている。そんな中、被災地で増えているのが震災に便乗した悪徳商法だ。鳥取県消費生活センターの担当者が言う。

「統計を取り始めたばかりですが、すでに県には7件の相談がありました。『屋根にブルーシートをかけてもらったが料金が高額ではないか』『家の補修工事をしてもらったが施工が雑で困る』といった内容です」

 今年4月の熊本地震後も便乗詐欺が多発し、国民生活センターに313件の相談が寄せられた。当時の内容を見ると、〈瓦のふき替え工事を勧められ200万円の見積もりをもらったが、知人に聞くと通常50万円くらいの工事と言われた〉〈瓦業者に屋根をブルーシートで覆う作業を依頼したら、23万円を請求された。その後、1万5000円くらいの作業と分かった〉というように、住宅の被害に関する相談が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る