日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最高1万3000円 高級志向のグルメ缶は本当に美味しいのか

「缶詰博士」こと黒川勇人さん(C)日刊ゲンダイ

 人呼んで缶詰博士――。これまで48カ国、1000種類以上の缶詰を食べた経歴を持つ。今なお、「試食などを含め、1日平均3回は缶詰を食べています」と言う。最近はチョイ高級志向の“グルメ缶”ブームもあって、テレビや雑誌で大活躍。ところでこのグルメ缶、普通の缶詰よりそんなにウマいのか?…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事