老朽マンション 資産価値キープの秘訣は「管理力」にあり

公開日: 更新日:

 マンションの老朽化が問題になっている。国土交通省によると、2015年現在、新築・中古合わせた分譲マンションのストック数は約623万戸。そのうち約51万戸が築40年以上で、10年後には3倍の151万戸、20年後には6倍の296万戸に膨れ上がるという。

 マンションの寿命は60年とされる。しかし、地震や風雨の度重なるダメージで、そこまでもたない物件も少なくない。多摩ニュータウンの一部が3年前に建て替えられたのも、分譲から42年目だった。「ウチは大丈夫なのか」と不安になるマンション住まいの人もいるだろうが、すぐ建て替えるのは難しい。2つの壁が立ちはだかっている。

 ひとつの壁は、「住民合意」。法律上、建て替えには5分の4の賛成が必要で、100戸のうち21戸が反対すれば実現は不可能に。横浜の“傾斜マンション”が建て替えまで2年もかかったのは、この壁が影響している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る