• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老朽マンション 資産価値キープの秘訣は「管理力」にあり

 マンションの老朽化が問題になっている。国土交通省によると、2015年現在、新築・中古合わせた分譲マンションのストック数は約623万戸。そのうち約51万戸が築40年以上で、10年後には3倍の151万戸、20年後には6倍の296万戸に膨れ上がるという。

 マンションの寿命は60年とされる。しかし、地震や風雨の度重なるダメージで、そこまでもたない物件も少なくない。多摩ニュータウンの一部が3年前に建て替えられたのも、分譲から42年目だった。「ウチは大丈夫なのか」と不安になるマンション住まいの人もいるだろうが、すぐ建て替えるのは難しい。2つの壁が立ちはだかっている。

 ひとつの壁は、「住民合意」。法律上、建て替えには5分の4の賛成が必要で、100戸のうち21戸が反対すれば実現は不可能に。横浜の“傾斜マンション”が建て替えまで2年もかかったのは、この壁が影響している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る