• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

住宅ジャーリストが断言 マンションは「値段」で買わない

 高値で購入したマンションをいざ売ろうとしたら、信じられないほど安い値段で……。そんなマンション購入の“負け組”にならないためには?

「将来売ることを考えているなら、値段を見てマンションを買ってはいけない」と言うのは、「マンション格差」(講談社現代新書)を上梓した住宅ジャーナリストの榊淳司氏。2人のマンション所有者の実例を出してくれた。

 いずれもマンション購入は35年前で、価格は4000万円前後。定年を過ぎ、老後を考えてマンションの売却査定額を不動産仲介業者に依頼すると、一方は3200万円、もう一方は800万円だった。3200万円の方は、「都内」「最寄り駅徒歩5分」「2度の大規模修繕で管理状態良好」「分譲時から7割の住人が入れ替わり、賃貸や中古で購入した若い家族が住んでいる」のが特徴。それに対し、800万円しか値がつかなかった方は、「千葉県のニュータウン型の街区」「大規模修繕が1回」「管理組合が管理費などの滞納対策に追われている」「住人の多くは分譲時のまま、子供の姿はほぼなく、空き家も目立つ」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る