• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

住宅ジャーリストが断言 マンションは「値段」で買わない

 高値で購入したマンションをいざ売ろうとしたら、信じられないほど安い値段で……。そんなマンション購入の“負け組”にならないためには?

「将来売ることを考えているなら、値段を見てマンションを買ってはいけない」と言うのは、「マンション格差」(講談社現代新書)を上梓した住宅ジャーナリストの榊淳司氏。2人のマンション所有者の実例を出してくれた。

 いずれもマンション購入は35年前で、価格は4000万円前後。定年を過ぎ、老後を考えてマンションの売却査定額を不動産仲介業者に依頼すると、一方は3200万円、もう一方は800万円だった。3200万円の方は、「都内」「最寄り駅徒歩5分」「2度の大規模修繕で管理状態良好」「分譲時から7割の住人が入れ替わり、賃貸や中古で購入した若い家族が住んでいる」のが特徴。それに対し、800万円しか値がつかなかった方は、「千葉県のニュータウン型の街区」「大規模修繕が1回」「管理組合が管理費などの滞納対策に追われている」「住人の多くは分譲時のまま、子供の姿はほぼなく、空き家も目立つ」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る