住みたい街ランクに異変 “千葉のムサコ”津田沼が熱いワケ

公開日: 更新日:

 マンション販売の「長谷工アーベスト」が毎年発表する首都圏の「住みたい街(駅)ランキング」に今年は“異変”が起きた。千葉の「津田沼」が10位に食い込み、中目黒(12位)や二子玉川(13位)を抑え、堂々初のトップ10入りを果たしたのだ。

 昨年は30位以下の圏外だったというから大躍進だが、はたして人気急上昇の理由とは? 昨年都内から引っ越してきた主婦(40代)が言う。

「都心へのアクセスがよく、『パルコ』や『イオン』など5つの商業施設があって買い物もしやすい。少し歩けば、自然もあり、人であふれていないのが魅力です。公園も多く、子育てもしやすいのでとても満足しています」

■マンションも“本家”より3割以上安い

 津田沼駅周辺は6年前から区画整理を行い、ニンジン畑だった駅の南側が新たな住宅地に生まれ変わった。シンボルマークの「ザ・レジデンス津田沼奏の杜」には約2万4000平方メートルの敷地に最大24階(高さ71メートル)のバカでかいマンションが4棟も立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る