住みたい街ランクに異変 “千葉のムサコ”津田沼が熱いワケ

公開日:

 マンション販売の「長谷工アーベスト」が毎年発表する首都圏の「住みたい街(駅)ランキング」に今年は“異変”が起きた。千葉の「津田沼」が10位に食い込み、中目黒(12位)や二子玉川(13位)を抑え、堂々初のトップ10入りを果たしたのだ。

 昨年は30位以下の圏外だったというから大躍進だが、はたして人気急上昇の理由とは? 昨年都内から引っ越してきた主婦(40代)が言う。

「都心へのアクセスがよく、『パルコ』や『イオン』など5つの商業施設があって買い物もしやすい。少し歩けば、自然もあり、人であふれていないのが魅力です。公園も多く、子育てもしやすいのでとても満足しています」

■マンションも“本家”より3割以上安い

 津田沼駅周辺は6年前から区画整理を行い、ニンジン畑だった駅の南側が新たな住宅地に生まれ変わった。シンボルマークの「ザ・レジデンス津田沼奏の杜」には約2万4000平方メートルの敷地に最大24階(高さ71メートル)のバカでかいマンションが4棟も立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る