貸した部屋がマッサージ店に サブリース不動産の落とし穴

公開日:  更新日:

 バブル崩壊で懲りたはずなのに、再び不動産サブリースの人気が沸騰している。ただし、人気の高まりとともに国民生活センターへのトラブル相談も急増しているようだ。

 不動産サブリースとは、業者が家主から物件を賃借し、それをまた貸し・転貸するサービスのこと。多くは、空室があっても業者が一定期間の家賃収入を補償し、その代わり、土地持ちのオーナーにアパートなどを建てさせる(購入)ケースが多い。

 落とし穴は、“補償期間”だ。例えば、業界大手のA社は、30年一括借り上げシステムをうたっているが、固定期間は「2年」のみ。業界最大手のB社でも固定期間は「10年」。その後は「経済事情や近隣相場家賃の変動」で借り上げ賃料が下げられる可能性がある。そもそもサブリース会社からオーナーに支払われる賃料は、相場家賃の80~90%。それがさらに下がるとなると、ローン返済にも支障が出てしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る