• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モテ顔は「瞳孔」の開きに秘訣 中年男性にできる簡単テク

 モテは永遠のテーマだ。しかも、若いころだったら美人、イケメンが得なのは揺るがない事実だが、30代以降になれば違う。モテ顔の雰囲気を出すことは可能だという。ベストセラーとなった「結局、人は顔がすべて」(朝日新書)の著者、竹内一郎氏に聞いた。

「中年になると生き方が顔に表れますから、美形じゃなくても、雰囲気でカッコ良さは出せるのです。“人は見た目が9割”というのは、相手を目の表情の変化で判断しているから。つまり、瞳孔の開きですね。明るいところでは直径2ミリ、暗いところだと直径8ミリに開く。そして、興奮していると、瞳孔は大きくなります。興奮している人が魅力的に見えるのは、心理学的に証明されています」

 色つきのコンタクトをするのも、テクニックのひとつだそうだ。

「瞳孔が大きく見えますからね。お手軽なのは、好きな芸能人のグラビアや妻、彼女の写真を財布に忍ばせておき、ヒマがあれば見ること。こうすれば、いつも瞳孔は開き、魅力的な人として映るのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る