モテ顔は「瞳孔」の開きに秘訣 中年男性にできる簡単テク

公開日:

 モテは永遠のテーマだ。しかも、若いころだったら美人、イケメンが得なのは揺るがない事実だが、30代以降になれば違う。モテ顔の雰囲気を出すことは可能だという。ベストセラーとなった「結局、人は顔がすべて」(朝日新書)の著者、竹内一郎氏に聞いた。

「中年になると生き方が顔に表れますから、美形じゃなくても、雰囲気でカッコ良さは出せるのです。“人は見た目が9割”というのは、相手を目の表情の変化で判断しているから。つまり、瞳孔の開きですね。明るいところでは直径2ミリ、暗いところだと直径8ミリに開く。そして、興奮していると、瞳孔は大きくなります。興奮している人が魅力的に見えるのは、心理学的に証明されています」

 色つきのコンタクトをするのも、テクニックのひとつだそうだ。

「瞳孔が大きく見えますからね。お手軽なのは、好きな芸能人のグラビアや妻、彼女の写真を財布に忍ばせておき、ヒマがあれば見ること。こうすれば、いつも瞳孔は開き、魅力的な人として映るのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る