最大手アダルトサイトに警視庁メス 無修正動画もう消滅?

公開日:  更新日:

 無修正動画が見られなくなるかもしれない。警視庁が、無修正のわいせつ動画を米国経由で日本に配信していた会社を摘発。今後、米捜査当局と協力し、アダルトサイト最大手にメスを入れるという。

 わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で11日、警視庁に逮捕されたのは、映像制作会社「ピエロ」の社長で台湾国籍の陳美娟容疑者(67)ら6人。ピエロ社は台湾を通じ、米動画サイト「カリビアンコム」でAV女優の無修正動画を配信した疑い。

「摘発のきっかけは、昨年6月に問題となったAVの出演強要問題です。警視庁がAVメーカーを摘発する中で、ピエロ社の存在が明らかに。ピエロ社はネットを中心に無修正動画を配信し、9年間で計13億7700万円を荒稼ぎしていました」(捜査事情通)

 出演強要問題をめぐっては昨年、AVプロダクションの社長らが逮捕された。動画サイト大手「DMM・com」も傘下のAVメーカー「CA」の売却を決めるなど、業界も対応に苦慮している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る