• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

増える“別々派” 夫婦の「寝室問題」は何が生命線なのか

 夫婦だから一緒に寝るのか。生活時間のズレを重く見て、寝室を分けるか。既婚者世帯のうち、共働き世帯が専業主婦世帯の2倍の6割に上り、夫婦の寝室問題は大きなテーマだ。

 このほど、「住環境研究所」が「定年後の夫婦の暮らし」について意識調査を行ったところ、「別々派」が前回より2.9ポイント増の46.9%と増加傾向にあることが明らかになった。「別々派」を望む傾向は女性の方が強く、前回より約11ポイント増の36.7%。妻は、5人に2人が夫を煙たがっている。

「そりゃ、そうですよ」と吐き捨てたのは、40代女性だ。

「共働きで結婚した当初は家事を分担する約束でしたが、いつの間にか帰宅が早い私がすべてやることに。夫は土日だって手伝いもせず、私が掃除をしている横で平然とテレビを見る。土日も休みがないのに、イビキがうるさい夫の隣で寝られますか。エアコンの設定温度も違うし。安眠の場所がないと、やっていられませんよ」と夫婦別室であることが“最後の生命線”らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る