増える“別々派” 夫婦の「寝室問題」は何が生命線なのか

公開日: 更新日:

 夫婦だから一緒に寝るのか。生活時間のズレを重く見て、寝室を分けるか。既婚者世帯のうち、共働き世帯が専業主婦世帯の2倍の6割に上り、夫婦の寝室問題は大きなテーマだ。

 このほど、「住環境研究所」が「定年後の夫婦の暮らし」について意識調査を行ったところ、「別々派」が前回より2.9ポイント増の46.9%と増加傾向にあることが明らかになった。「別々派」を望む傾向は女性の方が強く、前回より約11ポイント増の36.7%。妻は、5人に2人が夫を煙たがっている。

「そりゃ、そうですよ」と吐き捨てたのは、40代女性だ。

「共働きで結婚した当初は家事を分担する約束でしたが、いつの間にか帰宅が早い私がすべてやることに。夫は土日だって手伝いもせず、私が掃除をしている横で平然とテレビを見る。土日も休みがないのに、イビキがうるさい夫の隣で寝られますか。エアコンの設定温度も違うし。安眠の場所がないと、やっていられませんよ」と夫婦別室であることが“最後の生命線”らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る