出会いの場はスポーツジム 巷の“ゲス不倫”はこう密会する

公開日: 更新日:

 流行語として広まったゲス不倫は、漏れ聞こえてくる話が芸能人たちのエピソードだからハデな印象を受けるが、平場のそれはもっと地味。“センテンススプリング”と舞い上がるようなことなく、淡々と密会を重ねているという。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「胸チラ広告で復帰した元好感度上位の女性タレントのような美形は、まずいません。ネギがささったビニール袋をぶら下げてスーパーから出てくるようなフツーのオバサンが、フツーの格好で不倫に励んでいます」

 さすがにスーパーの袋持参でホテルにチェックインはないだろうが、夫が知ったら驚くのは確か。

「不倫関係のキッカケとしては、スポーツジムがとても多い。女性がインストラクターにチヤホヤされて舞い上がったり、同じ趣味の会員同士で意気投合したり。男性はともかく、女性がジャージー姿でラブホにチェックインするケースだって少なくありません。繁華街で待ち合わせるにしても駅ではなく、ホテルに近い喫茶店などから直行です。男性は、時間があれば一杯飲んだりしてデートしたがるのですが、不倫慣れした女性ほど“直行”を望みます。ヘタな動きで、“痕跡”を残さないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る