• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学露文科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で第6回小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。2002年には第50回菊池寛賞を受賞。NHKラジオ深夜便「歌の旅人」、BSフジ「五木寛之『風のcafe』」放送中。日刊ゲンダイ本紙連載「流されゆく日々」はギネス記録を更新中で、16年9月5日に連載10000回を迎えた。著書に「風の王国」「大河の一滴」「他力」ほか、「親鸞」三部作など多数。

連載10104回 風に吹かれてユラリ <1>

 年をとると話が限られてくる。老人同志だとすぐに病気の話になりがちだ。
 トランプがどうとか言ったところで、しょせんのちの世の話じゃないか。オレたちには、この1、2年しかないんだよ、といった明るいニヒリズムがそこにはある。
 昔は高齢の作家が、エッセイ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  3. 3

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

もっと見る