“新歓ナンパ”の裏ワザ 日本合コン協会会長の絵音氏が伝授

公開日:

 まもなく新年度が始まる。この時期、恋愛上級者の30、40代は年に一度の“狩り”に出るのだという。狙いは上京したての女子大生だ。

「4月の新歓コンパには、地方から来たばかりで右も左も分からない女子大生が集まります。毎年、彼女たちと知り合おうと、東京なら渋谷、新宿といった繁華街や、学生街の駅をうろついている男性の声をよく聞きますね。サークルの看板を掲げている人がたくさんいるので、迷っていたり、キョロキョロして初々しい感じの子に『○○大ですか?』とか『新歓行くんですか?』と声をかける。状況が分からないので、話しかけられると九分九厘答えてくれるそうです」(男女の出会いに詳しい日本合コン協会会長の絵音氏)

 打ち解けそうな相手には連絡先を交換。“2次会”や後日の飲み会を約束する。

「彼女たちは擦れていないし、東京での新生活に期待を寄せています。ちょっと年上の社会人の男性にも憧れる年ごろ。OL女子と違って、むげにされる確率も低く、うまくいけば付き合えることもある。それで、“新歓ナンパ”をやめられないという男性は多いですね。LINEのやりとりでも『今後、知り合いのバースデーパーティーあるけど来る?』とか、シャンパン、ワインなどの単語を並べるとノッてくるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る