“大人の恋愛”に最適な街…港区&目黒区はなぜモテる?

公開日: 更新日:

 春、新生活、引っ越しシーズンもピークを迎える。新しい場所で新しい出会い。お隣さんが偶然すごい美女で……なんて妄想も膨らむが、都内で「大人の恋愛」を求めるなら港区か目黒区に住むのがよさそうだ。

 何より、ひとり暮らしの女性が多い。都福祉保健局の人口動態統計年報(15年=確定数)によると、23区で女性100人に対する男性の数(人口性比)が最も少ないのが港区の87.6人で、次いで目黒区の88.8人。それだけ“出会う確率”も上がりそうだ。

 実際、不動産・住宅情報サイトのシンクタンク「HOME’S総研」著の「本当に住んで幸せな街」(光文社新書)によると、目黒区は「ナンパした/された」「すてきな異性に見とれた」といった「ロマンスがある」街ランキングで全国3位、港区は6位だ。

 目黒区は、同総研の調査で「路上でキスした」と答えた割合が最も多い街でもあるから、ますます妄想が膨らむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

もっと見る