• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“大人の恋愛”に最適な街…港区&目黒区はなぜモテる?

 春、新生活、引っ越しシーズンもピークを迎える。新しい場所で新しい出会い。お隣さんが偶然すごい美女で……なんて妄想も膨らむが、都内で「大人の恋愛」を求めるなら港区か目黒区に住むのがよさそうだ。

 何より、ひとり暮らしの女性が多い。都福祉保健局の人口動態統計年報(15年=確定数)によると、23区で女性100人に対する男性の数(人口性比)が最も少ないのが港区の87.6人で、次いで目黒区の88.8人。それだけ“出会う確率”も上がりそうだ。

 実際、不動産・住宅情報サイトのシンクタンク「HOME’S総研」著の「本当に住んで幸せな街」(光文社新書)によると、目黒区は「ナンパした/された」「すてきな異性に見とれた」といった「ロマンスがある」街ランキングで全国3位、港区は6位だ。

 目黒区は、同総研の調査で「路上でキスした」と答えた割合が最も多い街でもあるから、ますます妄想が膨らむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る