海老蔵さんも麻央さん伴い頻繁に 「瀉血療法」って何だ?

公開日:

「夫婦で血抜き終了」

 市川海老蔵(39)の2014年10月1日付の公式ブログにこう記されている。この時期といえば、まさに最愛の妻だった小林麻央さん(享年34)にがんが発覚した頃。3日後にも「血抜きあと顔面編」と笑顔の海老蔵の姿があり、夫婦が治療法を模索していた様子がうかがえる。 海老蔵が麻央さんを伴って行っていたのは、瀉血療法(カップクレンジング)と呼ばれ、その起源は古代ローマまでさかのぼる。体に針を刺し、器を真空状態にしてかぶせ、汚れた血を排出するというもの。中国では「刺血」「刺絡」と呼ばれる伝統的な治療法で、韓国でも盛んに行われている。アンチエイジング効果などが期待され、ハリウッドセレブなどにも愛好者は多い。国内では、元プロ野球選手やプロレスラー、タレントの小島よしおらが行っていることでも知られる。

 海老蔵のブログには11月26日にも、瀉血療法についての記述がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る