• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

レストランさくら(淡路・富島)北淡ダコを使った丼が人気

 タコといえば明石が有名だが、淡路島の漁師に聞くと、富島か、二見(明石)で獲れるものの方がいいという。富島は淡路市にある漁師町で明石の対岸。つまり漁場が明石と重なるのだ。ならなぜ富島が上かというと、明石浦の漁師は大阪湾にも出て行く。瀬戸内側の方が漁場がよく、富島ならその場所に限って漁をするので、大阪湾のものと混ざらないから旨いのだと富島の漁師は話す。

 淡路市では富島や浅野で揚がるタコを「北淡ダコ」と呼び、ブランド化をめざしている。 富島漁港で揚がった北淡ダコにこだわってメニュー化しているのが北淡震災記念公園にある「レストランさくら」。同店では、大阪で修業をして地元に戻った料理長があわじ蛸膳(1800円)や北淡タコ丼(1300円)などいろんなタコ料理を作って提供している。

 たとえば、前者はタコの足をスライスし、鍋に潜らせて食べるタコしゃぶを中心に、天ぷらや小鉢が付いたもの。生のタコは隠し包丁が施されているので食べやすく、噛むたびにタコの旨みが伝わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事