• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

酒房・魚 たかだ(泉佐野)漁師めしブームの申し子

 昨春、私が編集した「漁師めし絶品101選」が売れたおかげで、関西では類似本の出版ラッシュ! ちょっとした漁師めしブームが訪れている。

 漁師めしの定義は漁港に近いのと鮮魚を提供していること。これらを満たせばOKとしている。

 泉佐野漁港からも近い「酒房・魚 たかだ」は、地元で評判の居酒屋。店に入ると、いたる所に手書きのメニュー、その充実さに目を見張る。

 1人前3500円からの「ワタリガニのチリ鍋」は名物のひとつ。泉佐野の渡り蟹は、身がぎっしり、濃厚なのが特徴で、2代目の高田直樹さんが、セリ場に通って地元産の渡り蟹を仕入れては、この鍋の素材に使っている。

 渡り蟹といえば、子持ちのものを茹でた素朴な料理もこの店の売りである。泉州の渡り蟹は、1年を通じて水揚げされるが、旬は夏と冬。「夏には身の詰まった雄が、冬には雌がいい」とのことで、11月末から3月末までは、ぜひとも内子を抱えた雌の渡り蟹をシンプルに茹でたり、焼いたりして食べてほしい。ちなみに価格は子持ち100グラムが1000円~。サイズや雄・雌でも選ぶことができるので人数に合わせて注文すればよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る