• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

酒房・魚 たかだ(泉佐野)漁師めしブームの申し子

投稿日:  更新日:

 昨春、私が編集した「漁師めし絶品101選」が売れたおかげで、関西では類似本の出版ラッシュ! ちょっとした漁師めしブームが訪れている。

 漁師めしの定義は漁港に近いのと鮮魚を提供していること。これらを満たせばOKとしている。

 泉佐野漁港からも近い「酒房・魚 たかだ」は、地元で評判の居酒屋。店に入ると、いたる所に手書きのメニュー、その充実さに目を見張る。

 1人前3500円からの「ワタリガニのチリ鍋」は名物のひとつ。泉佐野の渡り蟹は、身がぎっしり、濃厚なのが特徴で、2代目の高田直樹さんが、セリ場に通って地元産の渡り蟹を仕入れては、この鍋の素材に使っている。

 渡り蟹といえば、子持ちのものを茹でた素朴な料理もこの店の売りである。泉州の渡り蟹は、1年を通じて水揚げされるが、旬は夏と冬。「夏には身の詰まった雄が、冬には雌がいい」とのことで、11月末から3月末までは、ぜひとも内子を抱えた雌の渡り蟹をシンプルに茹でたり、焼いたりして食べてほしい。ちなみに価格は子持ち100グラムが1000円~。サイズや雄・雌でも選ぶことができるので人数に合わせて注文すればよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る