• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

太鼓亭(豊中)ありそうでなかった きつねとカレーの合体

 基本的にチェーン店は取り上げないと決めていたが、今回はどうしても書きたい品がある。北摂のうどんレストランチェーンで人気メニューとなっている「甘きつねカレーうどん」(820円)がそれ。きつねうどんは、「松葉家」の宇佐美要太郎さんが考えたものだが、いつのまにか大阪の代表的料理になってしまった。甘く煮た揚げが関西のだしにフィットし、関西人の舌に合ったのだろう。

 一方、カレーうどんは東京と大阪では根本的に作り方が違う。前者がカレーをトッピングしてだしに合わせるのに対し、後者はだしにカレー粉を加え、とろみをつける。そんな関西のカレーうどんにきつねうどんの甘い揚げを合わせたのが「甘きつねカレーうどん」。まさにありそうだが、どこにもなかった「太鼓亭」のオリジナルメニューである。

 同品が生まれたきっかけは、かつて「太鼓亭」がカレーうどんフェアをやった時に、水上泰輔社長が「大阪ならきつねが入るべき。なぜこれまでなかったのか」と首を傾げながらカレーうどんにきつね(揚げ)をのせたことによる。食べてみると、きつねの甘さが口内に広がり、その後でカレーのスパイスが追いかけてくるという独特の味わいを発見した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事