老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

公開日:

 塩谷さんの手を借りて、というか、ほぼ塩谷さんにやっていただき、神経締め終了。その1匹のカワハギをさばいてもらうと、心臓がピクピク動いている。身が真っ白!

「この美しさが神経締めならでは」

 塩谷さんが神経締めした魚を翌日、「〆師会」のメンバー、滝沢英哲さん(写真円内)がシェフを務めるイタリア料理店「リンチェ」で調理してもらった。第1走者から第2、第3走者への連携を身をもって体験。味の素晴らしさは食べないとわからない。ぜひ自らの舌で。

 滝沢さんによれば「ゴマサバやタラなどは自然死すると身が緩くベターッとなる。ストレスフリーの神経締めにすると身の弾力が残るんです」。

 さまざまな魚種を締め、データを採取。どれだけ寝かせれば一番おいしいか。ワインと同じで熟成にもピークがある。それを一つ一つ記録に残した。アニサキスなど寄生虫がいる魚種はその対策も必須だが、味は落とさず安全性は高い調理法も「研究」を重ねて見いだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る