• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老舗魚屋に郷土料理 青森・津軽地方“うまいもん”をめぐる

 塩谷さんの手を借りて、というか、ほぼ塩谷さんにやっていただき、神経締め終了。その1匹のカワハギをさばいてもらうと、心臓がピクピク動いている。身が真っ白!

「この美しさが神経締めならでは」

 塩谷さんが神経締めした魚を翌日、「〆師会」のメンバー、滝沢英哲さん(写真円内)がシェフを務めるイタリア料理店「リンチェ」で調理してもらった。第1走者から第2、第3走者への連携を身をもって体験。味の素晴らしさは食べないとわからない。ぜひ自らの舌で。

 滝沢さんによれば「ゴマサバやタラなどは自然死すると身が緩くベターッとなる。ストレスフリーの神経締めにすると身の弾力が残るんです」。

 さまざまな魚種を締め、データを採取。どれだけ寝かせれば一番おいしいか。ワインと同じで熟成にもピークがある。それを一つ一つ記録に残した。アニサキスなど寄生虫がいる魚種はその対策も必須だが、味は落とさず安全性は高い調理法も「研究」を重ねて見いだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る