5年前より1万円増 結婚式で“大盤振る舞い”が増えた理由

公開日:

 数年前までは費用を抑えた“スマ婚(スマート婚)”がはやったが、最近は“大盤振る舞い”披露宴が目立つようだ。結婚情報誌「ゼクシィ」の結婚トレンド調査によると、挙式や披露宴・披露パーティーの招待客1人当たりの費用の平均は6.4万円。5年前より1万円も増えたという。

 友人・同僚へのご祝儀の相場は3万円だから、2倍近いおもてなしをしていることになる。このご時世になぜ? 男女問題研究家の山崎世美子氏は「一番は結婚する人の平均年齢が上がったからです」と分析する。

「30代以上のカップルなら、見えもあるし貯蓄もある。ちゃらちゃらした演出よりも、“お金をかけました”という方が格好がつくのです。分かりやすいのが食事です。トレンドはレストランウエディング。10年くらい前まで定番だったシティーホテルや結婚式場は、演出にお金が掛かるばかりで、食事は特別においしいわけじゃありません。それもあってか最近は不人気と聞きます。それよりも会場を有名レストランにして、特別メニューを出してもらう方がゲストの印象に残りますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る