• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年前より1万円増 結婚式で“大盤振る舞い”が増えた理由

 数年前までは費用を抑えた“スマ婚(スマート婚)”がはやったが、最近は“大盤振る舞い”披露宴が目立つようだ。結婚情報誌「ゼクシィ」の結婚トレンド調査によると、挙式や披露宴・披露パーティーの招待客1人当たりの費用の平均は6.4万円。5年前より1万円も増えたという。

 友人・同僚へのご祝儀の相場は3万円だから、2倍近いおもてなしをしていることになる。このご時世になぜ? 男女問題研究家の山崎世美子氏は「一番は結婚する人の平均年齢が上がったからです」と分析する。

「30代以上のカップルなら、見えもあるし貯蓄もある。ちゃらちゃらした演出よりも、“お金をかけました”という方が格好がつくのです。分かりやすいのが食事です。トレンドはレストランウエディング。10年くらい前まで定番だったシティーホテルや結婚式場は、演出にお金が掛かるばかりで、食事は特別においしいわけじゃありません。それもあってか最近は不人気と聞きます。それよりも会場を有名レストランにして、特別メニューを出してもらう方がゲストの印象に残りますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る