損しない福袋の買い方 FPが教える今どきの“傾向と対策”

公開日:

 三が日に家族と初売りに出掛けるサラリーマンは多いだろう。人気は、テレビのニュースでも行列が取り上げられる福袋。何が入っているか分からず“運試し”的な楽しみもあるが、ほとんどが使えないものでイラッとさせられることも珍しくない。

 得する福袋の見分け方はないのだろうか。ファイナンシャルプランナーの横川楓氏がこう言う。

「少し前までは何が入っているのか全く分からないというのが前提でしたが、最近はある程度、事前に分かる場合が増え、実は欲しい物を選びやすくなっているんです。たとえば、大手の家電量販店では、ロボット掃除機やスマホ、タブレット、パソコンなどジャンルごとに福袋が発売されています。ジャンルの中でも当たり外れがあるのは福袋らしいところですが、当たりの場合はそのジャンルの最新商品だったり。本当にお得感が満載な袋をゲットできることもありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る