• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

損しない福袋の買い方 FPが教える今どきの“傾向と対策”

 三が日に家族と初売りに出掛けるサラリーマンは多いだろう。人気は、テレビのニュースでも行列が取り上げられる福袋。何が入っているか分からず“運試し”的な楽しみもあるが、ほとんどが使えないものでイラッとさせられることも珍しくない。

 得する福袋の見分け方はないのだろうか。ファイナンシャルプランナーの横川楓氏がこう言う。

「少し前までは何が入っているのか全く分からないというのが前提でしたが、最近はある程度、事前に分かる場合が増え、実は欲しい物を選びやすくなっているんです。たとえば、大手の家電量販店では、ロボット掃除機やスマホ、タブレット、パソコンなどジャンルごとに福袋が発売されています。ジャンルの中でも当たり外れがあるのは福袋らしいところですが、当たりの場合はそのジャンルの最新商品だったり。本当にお得感が満載な袋をゲットできることもありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る