ゴーンが成功してマクドナルドの女性社長がつまづいた理由

公開日:

 各国の国民性をうまく表現した笑い話がある。

 国際的な学会に遅刻した際の行動だ。

「アメリカ人」は内容を薄めて時間内に収める。「ドイツ人」は普段の2倍のペースでしゃべる。「フランス人」は普段通りのペースでしゃべり、次の発言者の時間に食い込んでもやめない。そして「日本人」ははなから遅刻しない……。

 サッカー日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏(65)。他の発言者の都合を考えないというフランス人だ(ボスニア・ヘルツェゴビナと二重国籍)。フランスにおいても「専制的で容赦ない男」と評判らしい。そういえば、選手の体脂肪まで測っていた。

 今年1月の日刊スポーツのインタビューでは「日本のことを見下してはいない」と前置きしつつ、「日本は島国の中に閉じこもって、その中で見えているものに満足してしまっている」と批判的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る