ゴーンが成功してマクドナルドの女性社長がつまづいた理由

公開日: 更新日:

 各国の国民性をうまく表現した笑い話がある。

 国際的な学会に遅刻した際の行動だ。

「アメリカ人」は内容を薄めて時間内に収める。「ドイツ人」は普段の2倍のペースでしゃべる。「フランス人」は普段通りのペースでしゃべり、次の発言者の時間に食い込んでもやめない。そして「日本人」ははなから遅刻しない……。

 サッカー日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏(65)。他の発言者の都合を考えないというフランス人だ(ボスニア・ヘルツェゴビナと二重国籍)。フランスにおいても「専制的で容赦ない男」と評判らしい。そういえば、選手の体脂肪まで測っていた。

 今年1月の日刊スポーツのインタビューでは「日本のことを見下してはいない」と前置きしつつ、「日本は島国の中に閉じこもって、その中で見えているものに満足してしまっている」と批判的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る