外国人との信頼を築く“ワン・ストップ・サービス”とは

公開日:

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督(65)は、本大会の2カ月前にクビを切られた。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は、「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきた」と説明したが、相手はボスニア・ヘルツェゴビナ出身でフランス国籍も持つ人物だ。日本には縁もゆかりもないし、伝統や文化に詳しいわけでもない。コミュニケーションに問題が生じるのは当然だろう。問題は、周囲がいかにしてそこを埋めるか、である。「考えが日本人と違う」「やり方がおかしい」と突き放しているだけでは、できる仕事もできない。

 日本貿易振興機構(JETRO)が海外ビジネスに関心の高い日本企業を対象にしたアンケート調査(2015年)によると、実に44・4%の企業が外国人社員を雇用していた。その割合は、これからも増えそうだ。法務省調べの在留外国人数を在留資格別で見ると、17年末現在で「経営・管理」で日本に滞在する外国人は前年から1割近く増えている。「企業内転勤」も4・5%増だ。外資系企業はもちろん、グローバル展開している日本企業においても、海外からどんどん人が来ている格好である。上司が外国人だったり、取引先のカウンターパートが外国人というケースは増える一方だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る