外国人との信頼を築く“ワン・ストップ・サービス”とは

公開日:

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督(65)は、本大会の2カ月前にクビを切られた。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は、「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきた」と説明したが、相手はボスニア・ヘルツェゴビナ出身でフランス国籍も持つ人物だ。日本には縁もゆかりもないし、伝統や文化に詳しいわけでもない。コミュニケーションに問題が生じるのは当然だろう。問題は、周囲がいかにしてそこを埋めるか、である。「考えが日本人と違う」「やり方がおかしい」と突き放しているだけでは、できる仕事もできない。

 日本貿易振興機構(JETRO)が海外ビジネスに関心の高い日本企業を対象にしたアンケート調査(2015年)によると、実に44・4%の企業が外国人社員を雇用していた。その割合は、これからも増えそうだ。法務省調べの在留外国人数を在留資格別で見ると、17年末現在で「経営・管理」で日本に滞在する外国人は前年から1割近く増えている。「企業内転勤」も4・5%増だ。外資系企業はもちろん、グローバル展開している日本企業においても、海外からどんどん人が来ている格好である。上司が外国人だったり、取引先のカウンターパートが外国人というケースは増える一方だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る