リピーター増で消費に変化 インバウンドの意外な人気商品

公開日:  更新日:

 東京なら、銀座や秋葉原は外国人観光客が買い物する人気エリア。ブランド品や家電を買い漁る姿が目につく。しかし、最近はリピート観光客も多くなり、彼らがカネを落とすターゲットが変わってきているという。売れ筋は何か。訪日外国人の行動や消費などを解析するウェブサービス「インバウンドインサイト」を運営する「ナイトレイ」の石川豊代表に話を聞いた。

「最近の傾向は、自国では手に入らない商品や日本ならではの体験に伴う消費が増えています。日本人にとっては意外かもしれませんが、外国人に注目されている商品やエリアはたくさんあるのです」

 その分析ツール「SNS解析プラン」で解析した結果、浮上したキーワードは、次の通りだ。

■フグ料理

 定番の寿司の中でも、人気がより細分化している。特にフグだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る