船越vs松居は延長戦 夫婦で罪に“なる・ならない”の線引き

公開日: 更新日:

 昨年末に離婚が成立した松居一代(60)と船越英一郎(57)のバトルが“延長戦”に突入している。2人がまだ夫婦だった昨年7月、松居は船越をインターネット上で激しく批判し、船越から名誉毀損の疑いで刑事告訴されていた。この件で松居は24日と28日の2度、警視庁北沢署で事情聴取を受けている。

 日本の刑法は、家庭内のトラブルに甘い。244条で「親族間の犯罪に関する特例」を規定し、配偶者、直系血族、同居の親族の間で窃盗、横領、背任などがあっても、刑は免除されることになっている。何十年も会っていない息子が実家に忍び込み、父親名義の銀行通帳や土地の権利書を持って逃げても、ドロボーにはならないのだ。

 一方で、他人からすれば、単なる痴話げんかのようにも映る名誉毀損は刑が免除されていない。はたして、その線引きはどこにあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る