船越vs松居は延長戦 夫婦で罪に“なる・ならない”の線引き

公開日:

 昨年末に離婚が成立した松居一代(60)と船越英一郎(57)のバトルが“延長戦”に突入している。2人がまだ夫婦だった昨年7月、松居は船越をインターネット上で激しく批判し、船越から名誉毀損の疑いで刑事告訴されていた。この件で松居は24日と28日の2度、警視庁北沢署で事情聴取を受けている。

 日本の刑法は、家庭内のトラブルに甘い。244条で「親族間の犯罪に関する特例」を規定し、配偶者、直系血族、同居の親族の間で窃盗、横領、背任などがあっても、刑は免除されることになっている。何十年も会っていない息子が実家に忍び込み、父親名義の銀行通帳や土地の権利書を持って逃げても、ドロボーにはならないのだ。

 一方で、他人からすれば、単なる痴話げんかのようにも映る名誉毀損は刑が免除されていない。はたして、その線引きはどこにあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る