畑中葉子さんはグッチを愛用 主婦としてのこだわりとは

公開日:

 芸能界に完全復帰して8年目。昨年7月に亡くなった作曲家、平尾昌晃の楽曲を歌ったアルバム「ラブ・レター・フロム・ヨーコ」をリリースしたばかり。デビューして40年だが、今も「カナダからの手紙」で見せたかわいらしさと「後から前から」で見せた妖艶さを併せ持っている。

 黒いグッチの財布は昨夏、三重県の「長島温泉 湯あみの島」に営業に行った時に、併設のアウトレットモールで買ったもの。

「半額で4万5000円でした。ブランド好きなわけじゃないけど、ブランド品は傷みが遅いんですよね。主婦をしているから、財布は大きくて何でも入るタイプじゃないとダメ。ポイントカードがたくさんあるので、生活感が漂っていて、すいません(笑い)」

 現金は5000円札と1000札で計3万円。

「今年も先週まで長島温泉に行っていて、アルバムを3000円で手売りしたのですが、お札がいっぱいなのはそのため。直接お金を受け取ると『ああ、一生懸命に働いたお金で』って、ありがたくて涙が出そうになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る