畑中葉子さんはグッチを愛用 主婦としてのこだわりとは

公開日: 更新日:

 芸能界に完全復帰して8年目。昨年7月に亡くなった作曲家、平尾昌晃の楽曲を歌ったアルバム「ラブ・レター・フロム・ヨーコ」をリリースしたばかり。デビューして40年だが、今も「カナダからの手紙」で見せたかわいらしさと「後から前から」で見せた妖艶さを併せ持っている。

 黒いグッチの財布は昨夏、三重県の「長島温泉 湯あみの島」に営業に行った時に、併設のアウトレットモールで買ったもの。

「半額で4万5000円でした。ブランド好きなわけじゃないけど、ブランド品は傷みが遅いんですよね。主婦をしているから、財布は大きくて何でも入るタイプじゃないとダメ。ポイントカードがたくさんあるので、生活感が漂っていて、すいません(笑い)」

 現金は5000円札と1000札で計3万円。

「今年も先週まで長島温泉に行っていて、アルバムを3000円で手売りしたのですが、お札がいっぱいなのはそのため。直接お金を受け取ると『ああ、一生懸命に働いたお金で』って、ありがたくて涙が出そうになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る