稲川淳二さん 黒の長財布の他にも茶色の硬貨専用巾着袋を

公開日: 更新日:

「この長財布、一度落としたことがあって、もう見つからないだろうと思って違う財布を使っていたんですけど、戻ってきて縁起がいいのでまた使ってまして」

 例によって、こう早口でしゃべりだした。中身はもちろん取られた。一度なくしたのは15年以上前にデパートで購入したノーブランドのご覧の黒の長財布。所持金は40万8000円。

「いつもこれくらい。縁起がいい新札を、向きを揃えて持ち歩きます。人前に出す時に、封筒がなくても見栄えがしますでしょ。突然ご祝儀を包むとか」

 クレジットカードは1枚。いつ使ったか思い出せないほどだという。つまり現金主義。他に健康保険証やSuica。ユニークなのは50円玉、100円玉、500円玉の硬貨専用の大きな茶色の巾着袋だ。合計4260円なり。お釣りでもらった1円、5円、10円は、家に帰ると缶にためているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る