稲川淳二さん 黒の長財布の他にも茶色の硬貨専用巾着袋を

公開日:

「この長財布、一度落としたことがあって、もう見つからないだろうと思って違う財布を使っていたんですけど、戻ってきて縁起がいいのでまた使ってまして」

 例によって、こう早口でしゃべりだした。中身はもちろん取られた。一度なくしたのは15年以上前にデパートで購入したノーブランドのご覧の黒の長財布。所持金は40万8000円。

「いつもこれくらい。縁起がいい新札を、向きを揃えて持ち歩きます。人前に出す時に、封筒がなくても見栄えがしますでしょ。突然ご祝儀を包むとか」

 クレジットカードは1枚。いつ使ったか思い出せないほどだという。つまり現金主義。他に健康保険証やSuica。ユニークなのは50円玉、100円玉、500円玉の硬貨専用の大きな茶色の巾着袋だ。合計4260円なり。お釣りでもらった1円、5円、10円は、家に帰ると缶にためているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る