稲川淳二さん 黒の長財布の他にも茶色の硬貨専用巾着袋を

公開日:

「この長財布、一度落としたことがあって、もう見つからないだろうと思って違う財布を使っていたんですけど、戻ってきて縁起がいいのでまた使ってまして」

 例によって、こう早口でしゃべりだした。中身はもちろん取られた。一度なくしたのは15年以上前にデパートで購入したノーブランドのご覧の黒の長財布。所持金は40万8000円。

「いつもこれくらい。縁起がいい新札を、向きを揃えて持ち歩きます。人前に出す時に、封筒がなくても見栄えがしますでしょ。突然ご祝儀を包むとか」

 クレジットカードは1枚。いつ使ったか思い出せないほどだという。つまり現金主義。他に健康保険証やSuica。ユニークなのは50円玉、100円玉、500円玉の硬貨専用の大きな茶色の巾着袋だ。合計4260円なり。お釣りでもらった1円、5円、10円は、家に帰ると缶にためているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る