• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首都洪水の被害推計は62兆円 9月も列島は大雨ラッシュ

 27日に関東地方を襲ったゲリラ豪雨。ちょうど帰宅ラッシュにあたる時間帯で、東京・世田谷区では1時間の降水量が110ミリを超えた。一時は、都内を流れる目黒川がいつ氾濫してもおかしくない「氾濫危険水位」にまで達したという。

 それにしても、今年の夏は異常だ。毎週のように、日本のどこかで豪雨被害や台風被害が起きている。記憶に新しい豪雨災害といえば、7月の西日本豪雨。加えて、今月に入って既に9個の台風が発生している。気象予報士で防災コンサルタントの饒村曜氏は、「今月起こった状況は来月にも起こり得ます」と警鐘を鳴らし、こう続ける。

「27日の大雨は、昼間の強い日差しで空気が温められたことと、関東地方に多量の水蒸気を含む湿った空気が流れ込んだことが原因でした。積乱雲が発達しやすい条件が揃ったのです。気象庁によると、今年は、例年にないほど日本上空に湿った空気が入り込んでいる上に、これからも暑い日が続く予想です。このようなムシムシした天気が続くと、来月も台風や局地的大雨が日本列島を襲う可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る