首都洪水の被害推計は62兆円 9月も列島は大雨ラッシュ

公開日:

 27日に関東地方を襲ったゲリラ豪雨。ちょうど帰宅ラッシュにあたる時間帯で、東京・世田谷区では1時間の降水量が110ミリを超えた。一時は、都内を流れる目黒川がいつ氾濫してもおかしくない「氾濫危険水位」にまで達したという。

 それにしても、今年の夏は異常だ。毎週のように、日本のどこかで豪雨被害や台風被害が起きている。記憶に新しい豪雨災害といえば、7月の西日本豪雨。加えて、今月に入って既に9個の台風が発生している。気象予報士で防災コンサルタントの饒村曜氏は、「今月起こった状況は来月にも起こり得ます」と警鐘を鳴らし、こう続ける。

「27日の大雨は、昼間の強い日差しで空気が温められたことと、関東地方に多量の水蒸気を含む湿った空気が流れ込んだことが原因でした。積乱雲が発達しやすい条件が揃ったのです。気象庁によると、今年は、例年にないほど日本上空に湿った空気が入り込んでいる上に、これからも暑い日が続く予想です。このようなムシムシした天気が続くと、来月も台風や局地的大雨が日本列島を襲う可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る