首都洪水の被害推計は62兆円 9月も列島は大雨ラッシュ

公開日: 更新日:

 27日に関東地方を襲ったゲリラ豪雨。ちょうど帰宅ラッシュにあたる時間帯で、東京・世田谷区では1時間の降水量が110ミリを超えた。一時は、都内を流れる目黒川がいつ氾濫してもおかしくない「氾濫危険水位」にまで達したという。

 それにしても、今年の夏は異常だ。毎週のように、日本のどこかで豪雨被害や台風被害が起きている。記憶に新しい豪雨災害といえば、7月の西日本豪雨。加えて、今月に入って既に9個の台風が発生している。気象予報士で防災コンサルタントの饒村曜氏は、「今月起こった状況は来月にも起こり得ます」と警鐘を鳴らし、こう続ける。

「27日の大雨は、昼間の強い日差しで空気が温められたことと、関東地方に多量の水蒸気を含む湿った空気が流れ込んだことが原因でした。積乱雲が発達しやすい条件が揃ったのです。気象庁によると、今年は、例年にないほど日本上空に湿った空気が入り込んでいる上に、これからも暑い日が続く予想です。このようなムシムシした天気が続くと、来月も台風や局地的大雨が日本列島を襲う可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る