全国で相次ぐゲリラ豪雨 愛車が廃車になる冠水路の水位は

公開日:

 お盆の最中の13日、全国的に雷雲が次々と発生。東京の杉並区久我山では、1時間の雨量が60ミリを記録。京王・井の頭線久我山駅では、駅舎内のエスカレーターにまで浸水した。水をかき分けながら進む車を目にした人も多いだろう。

 あの雨だ。先を急ぎたい気持ちはよく分かる。でも、車を運転し続けるのは危険だ。自動車ジャーナリストの横田晃氏が言う。

「“この程度の水位”ということで運転するのでしょうが、車をストップさせる水位は、意外と低い。安全に走るなら、コンビニの車止めや路肩の段差程度の水位がギリギリ。タイヤの半分くらいの高さは危険水域です。マフラーはバンパーの下にあって、その程度の高さですから。マフラーが水を吸い込むと、エンストします。エンジンに空気を取り込むフロントグリルから水が浸入すると、エンジンが壊れる恐れがあるのです」

 エンジンがオシャカだと、修理費用は100万円を下らない。車両保険には、台風や洪水などでの水害の補償をカバーするものもあるが、必ずしもすべてではない。車両保険に入っていなければまず廃車だろう。そうならないためには、冠水路の走行はなるべく避けるのがベターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る