• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国で相次ぐゲリラ豪雨 愛車が廃車になる冠水路の水位は

 お盆の最中の13日、全国的に雷雲が次々と発生。東京の杉並区久我山では、1時間の雨量が60ミリを記録。京王・井の頭線久我山駅では、駅舎内のエスカレーターにまで浸水した。水をかき分けながら進む車を目にした人も多いだろう。

 あの雨だ。先を急ぎたい気持ちはよく分かる。でも、車を運転し続けるのは危険だ。自動車ジャーナリストの横田晃氏が言う。

「“この程度の水位”ということで運転するのでしょうが、車をストップさせる水位は、意外と低い。安全に走るなら、コンビニの車止めや路肩の段差程度の水位がギリギリ。タイヤの半分くらいの高さは危険水域です。マフラーはバンパーの下にあって、その程度の高さですから。マフラーが水を吸い込むと、エンストします。エンジンに空気を取り込むフロントグリルから水が浸入すると、エンジンが壊れる恐れがあるのです」

 エンジンがオシャカだと、修理費用は100万円を下らない。車両保険には、台風や洪水などでの水害の補償をカバーするものもあるが、必ずしもすべてではない。車両保険に入っていなければまず廃車だろう。そうならないためには、冠水路の走行はなるべく避けるのがベターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る