全国で相次ぐゲリラ豪雨 愛車が廃車になる冠水路の水位は

公開日: 更新日:

 お盆の最中の13日、全国的に雷雲が次々と発生。東京の杉並区久我山では、1時間の雨量が60ミリを記録。京王・井の頭線久我山駅では、駅舎内のエスカレーターにまで浸水した。水をかき分けながら進む車を目にした人も多いだろう。

 あの雨だ。先を急ぎたい気持ちはよく分かる。でも、車を運転し続けるのは危険だ。自動車ジャーナリストの横田晃氏が言う。

「“この程度の水位”ということで運転するのでしょうが、車をストップさせる水位は、意外と低い。安全に走るなら、コンビニの車止めや路肩の段差程度の水位がギリギリ。タイヤの半分くらいの高さは危険水域です。マフラーはバンパーの下にあって、その程度の高さですから。マフラーが水を吸い込むと、エンストします。エンジンに空気を取り込むフロントグリルから水が浸入すると、エンジンが壊れる恐れがあるのです」

 エンジンがオシャカだと、修理費用は100万円を下らない。車両保険には、台風や洪水などでの水害の補償をカバーするものもあるが、必ずしもすべてではない。車両保険に入っていなければまず廃車だろう。そうならないためには、冠水路の走行はなるべく避けるのがベターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る