橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

暗闇スキンシップで見えてくる世界とは

公開日: 更新日:

 知人に「暗闇バー」なるところに連れて行かれた。店内は照明を極端に落とした空間になっている。目がなれるまで隣にいる人の顔が見えないほどだ。

 でも、なぜかリラックスできる。周囲がよく見えないことで、緊張感がほぐれてストレスから解放されるからだろう。部屋が暗いと会話も「ひそひそ声」になるから面白い。居酒屋で大声をあげて飲んでいるオヤジたちは一度行ったほうがいい。

 この体験を28歳の甥に話すと「暗闇バーは、バズってますね」と言う。

「えっ、バズっている?」

 意味が分からない。聞いてみると、バズっているとは、ネット上で特定の単語や話題が爆発的に広まっている状態を意味するもので、英語のBuzz(バズ)というマーケティング用語だという。なるほど。ならば、この連載もバズってほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る