橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

暗闇スキンシップで見えてくる世界とは

公開日:

 知人に「暗闇バー」なるところに連れて行かれた。店内は照明を極端に落とした空間になっている。目がなれるまで隣にいる人の顔が見えないほどだ。

 でも、なぜかリラックスできる。周囲がよく見えないことで、緊張感がほぐれてストレスから解放されるからだろう。部屋が暗いと会話も「ひそひそ声」になるから面白い。居酒屋で大声をあげて飲んでいるオヤジたちは一度行ったほうがいい。

 この体験を28歳の甥に話すと「暗闇バーは、バズってますね」と言う。

「えっ、バズっている?」

 意味が分からない。聞いてみると、バズっているとは、ネット上で特定の単語や話題が爆発的に広まっている状態を意味するもので、英語のBuzz(バズ)というマーケティング用語だという。なるほど。ならば、この連載もバズってほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る