田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「泣き虫しょったん」瀬川晶司五段がプロになれたわけ

公開日: 更新日:

 戦後まもない1947(昭和22)年に始まった全日本アマ名人戦は、伝統と格式が最も深いアマ棋戦である。

 歴代の出場者の中で、二上達也九段(49年・当時17)、木村義徳九段(56年・同21)、西村一義九段(61年・同19)、勝浦修九段(61年・同15)、塚田泰明九段(78年・同13)、澤田真吾六段(01年・同9)、菅井竜也王位(04年・同12)らは、アマ名人戦で活躍してから奨励会(棋士養成機関)に入って棋士になった。

 羽生善治竜王(48)は小学6年だった82年7月、東京都の予選に出場し、決勝トーナメント3回戦で敗退した。その4カ月後、奨励会に6級で入会している。

 アマ名人戦の出場者は、昔は将棋道場で鍛え上げた腕っ節の強い猛者が多かった。70年代に入ると、大学将棋部の出身者たちが活躍し、将棋の指し方がプロのように洗練されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る