• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

作家・内田康夫「王将たちの謝肉祭」続編が読みたかった

 1986(昭和61)年の秋、ある小説が棋士の間で話題になっていた。

 将棋界を舞台にしたミステリーで、〈大岩泰明〉〈柾田圭三〉〈中宮真人〉〈吉永春雄〉など、登場人物の名前と個性が著名棋士を連想させた。

 また、大棋戦の移行問題、人気棋士とアマの平手戦、美少女棋士の活躍と、実際にあった出来事が題材に盛り込まれた。

 その小説の表題は「王将たちの謝肉祭」。将棋界の内情に詳しい作者は、名探偵〈浅見光彦〉シリーズでベストセラーを連発した作家の内田康夫さん(写真=田丸が96年に撮影、当時61)。

 ただ、86年の頃はそれほど知られてなく、私たち棋士はいったい著者は誰かと噂したものだ。

 内田さんは、少年時代から将棋が好きだった。72年には将棋仲間の友人に誘われ、名人戦(大山康晴名人―中原誠八段)第1局の対局を見に行った。対局場は東京・広尾「羽沢ガーデン」。対局室で5分ほどの観戦、別室での大盤解説が行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る