田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

作家・内田康夫「王将たちの謝肉祭」続編が読みたかった

公開日:

 1986(昭和61)年の秋、ある小説が棋士の間で話題になっていた。

 将棋界を舞台にしたミステリーで、〈大岩泰明〉〈柾田圭三〉〈中宮真人〉〈吉永春雄〉など、登場人物の名前と個性が著名棋士を連想させた。

 また、大棋戦の移行問題、人気棋士とアマの平手戦、美少女棋士の活躍と、実際にあった出来事が題材に盛り込まれた。

 その小説の表題は「王将たちの謝肉祭」。将棋界の内情に詳しい作者は、名探偵〈浅見光彦〉シリーズでベストセラーを連発した作家の内田康夫さん(写真=田丸が96年に撮影、当時61)。

 ただ、86年の頃はそれほど知られてなく、私たち棋士はいったい著者は誰かと噂したものだ。

 内田さんは、少年時代から将棋が好きだった。72年には将棋仲間の友人に誘われ、名人戦(大山康晴名人―中原誠八段)第1局の対局を見に行った。対局場は東京・広尾「羽沢ガーデン」。対局室で5分ほどの観戦、別室での大盤解説が行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る