田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

作家・内田康夫「王将たちの謝肉祭」続編が読みたかった

公開日: 更新日:

 1986(昭和61)年の秋、ある小説が棋士の間で話題になっていた。

 将棋界を舞台にしたミステリーで、〈大岩泰明〉〈柾田圭三〉〈中宮真人〉〈吉永春雄〉など、登場人物の名前と個性が著名棋士を連想させた。

 また、大棋戦の移行問題、人気棋士とアマの平手戦、美少女棋士の活躍と、実際にあった出来事が題材に盛り込まれた。

 その小説の表題は「王将たちの謝肉祭」。将棋界の内情に詳しい作者は、名探偵〈浅見光彦〉シリーズでベストセラーを連発した作家の内田康夫さん(写真=田丸が96年に撮影、当時61)。

 ただ、86年の頃はそれほど知られてなく、私たち棋士はいったい著者は誰かと噂したものだ。

 内田さんは、少年時代から将棋が好きだった。72年には将棋仲間の友人に誘われ、名人戦(大山康晴名人―中原誠八段)第1局の対局を見に行った。対局場は東京・広尾「羽沢ガーデン」。対局室で5分ほどの観戦、別室での大盤解説が行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る