京大もギリギリ「iPS細胞」研究の足を引っ張る“予算条件”

公開日:

 世界のヤマナカ――6年前のノーベル医学生理学賞受賞で、世界にその名をとどろかせたのが、京大の山中伸弥教授だ。研究によって生まれたiPS細胞は、再生医療の根幹をなす重要な細胞で、理論上はあらゆる臓器や器官が再生できるように。あたかも「iPS細胞があれば、病気とオサラバできるのではないか」ともてはやされた。その後、iPS治療はどこまで進んだのか――。

■臨床研究は難病ばかり

 世界をリードする京大iPS細胞研究所(CiRA)の臨床応用研究部門・江藤浩之教授は、iPS細胞による再生不良性貧血の臨床研究を厚労省に申請。横浜市立大の谷口英樹教授らのグループは、人のiPS細胞から直径約0.1ミリほどのミニ肝臓の作製に成功し、来年にも臨床研究に進むとみられている。

 実用化はすぐそこで、“夢”が現実のものになりそうだが、再生不良性貧血は100万人に5人程度という難病で、iPSによるミニ肝臓を応用した移植の対象になる病気も、肝臓の酸素欠損症という希少疾患だ。実用化といっても、そのチャンスに恵まれる人は、ジャンボ宝くじの1等を手にするくらいの確率というのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る