京大もギリギリ「iPS細胞」研究の足を引っ張る“予算条件”

公開日: 更新日:

 世界のヤマナカ――6年前のノーベル医学生理学賞受賞で、世界にその名をとどろかせたのが、京大の山中伸弥教授だ。研究によって生まれたiPS細胞は、再生医療の根幹をなす重要な細胞で、理論上はあらゆる臓器や器官が再生できるように。あたかも「iPS細胞があれば、病気とオサラバできるのではないか」ともてはやされた。その後、iPS治療はどこまで進んだのか――。

■臨床研究は難病ばかり

 世界をリードする京大iPS細胞研究所(CiRA)の臨床応用研究部門・江藤浩之教授は、iPS細胞による再生不良性貧血の臨床研究を厚労省に申請。横浜市立大の谷口英樹教授らのグループは、人のiPS細胞から直径約0.1ミリほどのミニ肝臓の作製に成功し、来年にも臨床研究に進むとみられている。

 実用化はすぐそこで、“夢”が現実のものになりそうだが、再生不良性貧血は100万人に5人程度という難病で、iPSによるミニ肝臓を応用した移植の対象になる病気も、肝臓の酸素欠損症という希少疾患だ。実用化といっても、そのチャンスに恵まれる人は、ジャンボ宝くじの1等を手にするくらいの確率というのが現状だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る