本庶佑特別教授の特許収入と小野薬品社員の給与はどうなる

公開日:

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑特別教授(76)。共同研究に取り組んだ小野薬品工業(本社・大阪市)の社員ともども大喜びの笑顔であふれている。そこで気になるのが、がん免疫治療薬「オプジーボ」の巨万の売り上げから得られるお金の分配。本庶教授と小野薬品社員の給与はどうなるのか?

 国のライフサイエンス分野の基礎研究投資に危機感を抱く本庶特別教授は、若手研究者のための基金を設立すると発表した。その規模がまたすごく、1000億円程度。原資はノーベル賞の賞金(約6000万円)とオプジーボの特許使用料から充てられる。

 医薬品特許は出願日から20年。実際に利益を得られるのは十数年程度だが、一般的な医薬品特許の使用料6%で計算すると、現在までのオプジーボの売上高は1兆3000億円程度(小野薬品工業と米ブリストル・マイヤーズスクイブの合計)のため、800億円程度の特許収入が発生したことになる。これが丸々本庶特別教授の収入になるわけではなさそうだが、1000億円規模もあながち夢物語ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る