社長が「出前で昼」も危険 会社倒産の予兆はこんなにある

公開日: 更新日:

 ウチの会社、もしかしてヤバイ? サラリーマンだったら一度ぐらいはそんな嫌な予感が頭をよぎったことがあるかもしれない。

「社長をはじめ役員陣が早朝から会議室に閉じこもり始めた」

 倒産会社によくあるケースだ。

「社長が昼食に出前を取るようになった」

 これも危ないサインのひとつ。昼飯を外に食べにいけないほど、経営が切羽詰まっているということらしい。

「数字面で最も分かりやすいのは売上高です。売り上げの伸びが鈍る、あるいは減少していくのは、経営悪化の最初のシグナルといえます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

■東京商工リサーチが分析

 東京商工リサーチは先週、「2018年倒産企業の財務データ分析調査」を公表した。そこには、「倒産企業の6割が最新期(直近の決算)に減収」とある。18年に倒産した463社のうち、直近決算で減収に陥っていたのは282社、60・9%に達したという。確かに売り上げ減は要警戒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る