過当競争で倒産急増…マッサージ店選び「落とし穴と正解」

公開日: 更新日:

 マッサージ店の倒産が急増している。東京商工リサーチによると、2018年の「マッサージ業、接骨院等」の倒産件数は過去10年で最悪となる93件を記録。5年連続の増加で、昨年は36.7%増だった。

 18年全体の倒産件数は前年比2.0%減の8235件と、1990年以来の低水準だっただけにマッサージ店の不振が目立つ。

「最近、街中で低価格のマッサージ業を目にする機会が増えています。過当競争が激しく、個人で開業しているような小規模企業の倒産が増えています」(東京商工リサーチ情報本部の増田和史氏)

 実際、倒産件数の約9割が中小・零細(負債総額が5000万円未満)だ。ほんの数年前までマッサージ店の相場は「10分1000円」といわれていた。1時間で6000円だ。ところが現在は、「1時間で3000円程度」の低価格チェーン店を多く見かけるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る