日本の有力画廊が扱う若手は有望株 作品の購入も“面白い”

公開日: 更新日:

 アート作品の価値は欧米の批評家が決めている。将来欧米で評価され、価値が上がる若手作家の作品を購入することが最も効率的な投資だ。若手作家の作品なら十数万円で手に入る。では、どうすれば将来有望な若手が見つかるのだろう。

「まずは画廊に出向いたり、本を読んだりして美術の勉強をしなければなりません」とコレクターD氏。株式投資だって勉強は必要なのだから、これは当然だろう。キュレーターF氏は、こんなアドバイスをする。

「多少ギャンブル性はあるが、有力ギャラリーで個展を行う新人の作品を買ってみるのも面白い」

 有力ギャラリーとは、「例えば今の日本では、オノ・ヨーコが所属する『小山登美夫ギャラリー』、荒木経惟が所属する『タカ・イシイギャラリー』、ストリートアートに強い『NANZUKA』、名和晃平が所属する『SCAI THE BATHHOUSE』、村上隆が運営する『カイカイキキギャラリー』など」(アートディーラーA氏)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る