日本の有力画廊が扱う若手は有望株 作品の購入も“面白い”

公開日: 更新日:

 アート作品の価値は欧米の批評家が決めている。将来欧米で評価され、価値が上がる若手作家の作品を購入することが最も効率的な投資だ。若手作家の作品なら十数万円で手に入る。では、どうすれば将来有望な若手が見つかるのだろう。

「まずは画廊に出向いたり、本を読んだりして美術の勉強をしなければなりません」とコレクターD氏。株式投資だって勉強は必要なのだから、これは当然だろう。キュレーターF氏は、こんなアドバイスをする。

「多少ギャンブル性はあるが、有力ギャラリーで個展を行う新人の作品を買ってみるのも面白い」

 有力ギャラリーとは、「例えば今の日本では、オノ・ヨーコが所属する『小山登美夫ギャラリー』、荒木経惟が所属する『タカ・イシイギャラリー』、ストリートアートに強い『NANZUKA』、名和晃平が所属する『SCAI THE BATHHOUSE』、村上隆が運営する『カイカイキキギャラリー』など」(アートディーラーA氏)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか