日本の有力画廊が扱う若手は有望株 作品の購入も“面白い”

公開日: 更新日:

 アート作品の価値は欧米の批評家が決めている。将来欧米で評価され、価値が上がる若手作家の作品を購入することが最も効率的な投資だ。若手作家の作品なら十数万円で手に入る。では、どうすれば将来有望な若手が見つかるのだろう。

「まずは画廊に出向いたり、本を読んだりして美術の勉強をしなければなりません」とコレクターD氏。株式投資だって勉強は必要なのだから、これは当然だろう。キュレーターF氏は、こんなアドバイスをする。

「多少ギャンブル性はあるが、有力ギャラリーで個展を行う新人の作品を買ってみるのも面白い」

 有力ギャラリーとは、「例えば今の日本では、オノ・ヨーコが所属する『小山登美夫ギャラリー』、荒木経惟が所属する『タカ・イシイギャラリー』、ストリートアートに強い『NANZUKA』、名和晃平が所属する『SCAI THE BATHHOUSE』、村上隆が運営する『カイカイキキギャラリー』など」(アートディーラーA氏)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る