多くの人が経験 百貨店でアート作品を買うのは正解なのか

公開日: 更新日:

 資産運用の一環として絵画や彫刻、その他のアート作品を購入してみたい。この連載では、そんなことを考えている人のために、筆者が知人アート関係者たちから聞いた、10万円ほどの元手で始める、お金を稼ぐためのアート作品の購入方法をシェアしていきたい。

 一般社団法人アート東京が実施した「日本のアート産業に関する市場調査2018」によると、日本の美術品市場規模は2460億円で、同調査が始まった16年の2431億円から継続して増加している。同団体の調査では、経験豊かな日本のビジネスパーソンの約半数が美術品購入経験あり、という結果も出ている。

 比較的富裕な層を対象とした雑誌メディアも、アート作品の購入ガイド特集を組み始めている。「Pen」(CCCメディアハウス発行)2月15日号では、<いまこそ知りたい!アートの値段。>というメイン特集を組み、経済的な側面からアート作品の解説を試みている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る