アート売買の新常識「作家死去で作品値上がり」は間違い

公開日: 更新日:

 購入後に必ず値上がりする芸術作品はどうやって見つければいいのか?

 某月某日のオークション会場の下見会で、アートディーラーのA氏がある作品の前で足を止めた。

 故・榎倉康二が1991年に制作した「干渉(Story―№17)」。キャンバスに木材を使用した荘厳な絵画作品だ。「榎倉は“もの派”の重鎮」(A氏)と言われる。“もの派”とは、1960年代から70年代にかけて日本で生まれた芸術動向で、そのモノへの還元を重視する独特の作風で知られている。

 やはり有名な芸術家は、亡くなった後で、作品の価値が上昇するのだろうか?

「いえいえ、ほとんどの芸術家は、亡くなると作品の価値が下がります」と言うのはコレクターのD氏。

「名前は出せないけど芸大教授で、存命中は公立美術館に数千万円で作品を購入してもらっている人でも、没後はほぼ値下がりする」(D氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る