松尾雄治さん<1>ラグビー愛がビシビシ伝わってきた釜石へ

公開日: 更新日:

 第9回ラグビーワールドカップ開幕(9月20日、日本対ロシア戦)まで3カ月を切った。松尾雄治さん(65)は、アジア初のこの大会を心待ちにする一人。明治大学在籍中に日本選手権優勝。卒業後は新日鉄釜石の中心選手として大活躍した。新日鉄時代の9年間は「普通の社員と同じサラリーマン」だったそうで――。

  ◇  ◇  ◇

 1年生で大学選手権優勝(対早稲田戦)、2年生で日本代表選出、4年生時の日本選手権では、司令塔として三菱自動車工業京都を破り、明大を悲願の日本一に導いた。紛れもないスター選手だった。当然、就職時は社会人の強豪チームから次々、お声がかかった。

「4年のとき、各社からいっぱい誘いを受けましたよ。リコー、トヨタ自動車、神戸製鋼とかね。みんないい選手が集まる社会人の強豪でした。野球に例えるなら、それぞれが巨人かな。そんな中で新日鉄釜石は、昔のカープみたいな田舎のチーム。そのチームの部長が、まだ東北新幹線がない時代にわざわざ東京まで出てきてくれてボクの前で頭を下げるんです。“松尾君、みんな満場一致で君に決めた。ウチに来てくれ”って。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る