佐々木成三さん<1>仕事をしない先輩のおかげで力が付いた

公開日: 更新日:

 22年間の警察人生のうち、10年を県警本部の捜査1課で過ごした。数多くの事件で実績を上げ、デジタル捜査班の初代班長も経験。バリバリの経歴に加え、元刑事らしからぬ(?)甘いマスクで情報番組のコメンテーターとして活躍している元埼玉県警警部補の佐々木成三さん(42)。一方で、犯罪を起こさせない環境づくりのため、子どもたち相手の講演も積極的に行う。そんな佐々木さんの原点は、小学生時代にあった。

 佐々木さんには、今も記憶に残るシーンがある。小学3年で高校野球の岩手県大会決勝を見に行ったときのことだ。試合後、近くの席にバッグがポツンと置かれていた。周囲にはだれもいない。「落とし物だ」――そう思った佐々木少年は、持ち主が分かるものがないかと中をのぞいた。そのとき、男性が戻って来る。「このクソガキが、何やってんだ!」と怒鳴るオジサン。慌てて父親が謝った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る