国立公園の規則を破り…少女の謝罪に自然保護官もホッコリ

公開日: 更新日:

 米ノースカロライナ州とテネシー州にまたがる「グレート・スモーキー山脈国立公園」の規則を巡る少女のエピソードが、全米をホッコリさせている。

 NBC系の地方テレビ局WBIR(8月19日付電子版)などによると、8月中旬ごろ、同公園の自然保護官たちの事務所に小包が届いた。

「カリーナ」と名乗る女の子からで、送り主の住所は記されていなかった。小包の中にはハート形の小さな石と、謝罪の手紙が。また手紙の裏には滝の絵が描かれていたという。

「親愛なる自然保護官の皆さん。ディープ・クリークは凄かったです! 特に(公園内の滝の)トム・ブランチ・フォールズが気に入りました。あまりに素晴らしかったので、私は何か記念が欲しくなり、この石を家に持って帰ってしまいました。ごめんなさい。お返ししたいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る